白バラの祈りーゾフィー・ショル、最後の日々

ビデオ・DVD 
10 /30 2006
今年のお正月だか、一月終わりに劇場で上映されていた映画です。天声人語でも話題にされていましたが待望のDVDになりました。ビデオ屋さんに走らなくては。。。。

<物語>
1943年のミュンヘン。“打倒ヒトラー”を呼びかける組織「白バラ」のメンバーであるゾフィーと兄ハンスは、大学構内でビラをまいているところを見つかり、ゲシュタポ将校に連行される。そこで尋問官モーアの取り調べを受けるが、無罪であることを主張。モーアはゾフィーを信じかけるが、証拠が発見される。ゾフィーは自分は信念によって行動したことを認め、密告を拒否した。死刑が宣告され、ゾフィーに最期の時間が迫っていた。

終戦から61年、ヒトラー政権に立ち向かった21歳の女性ゾフィーの勇気に世界中の観客がすすり泣いた感動の実話。

第78回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。第55回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞・最優秀女優賞)

DVDを買いたい方は下を参考になさってください。楽天の方が安く買えるようです。
http://item.rakuten.co.jp/cinema/redv-514/
http://item.rakuten.co.jp/dvdirectz/redv-514/
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最後の日々-
リンク先:http://item.rakuten.co.jp/ais-tuhan/redv-00514/

血と骨

ビデオ・DVD 
10 /18 2005
映画監督・世界のキタノがいち俳優のビートたけしとして、14年ぶりに主演を果たした話題作。

■STORY
1923年。一旗揚げることを夢見て祖国を後にし、済州島から大阪に渡ってきた金俊平。
そこで彼を待っていたものは差別と劣悪な労働条件だった。
腕のいい蒲鉾職人でもあった俊平は、やがて自分の蒲鉾工場を立ち上げて成功する。
しかし金銭へのあまりの執着から、やがて高利貸しへと転じる。
何度も直面するままならない境遇を、強靭な肉体とずる賢さでたくましく生き抜く俊平。
しかしその並外れた凶暴さと強欲さは、周囲の人間たちを巻き込み、数奇な運命へと導いていく。
生涯誰にも心を開かず、凄まじいまでの孤独の中で生きた男が本当に望んだものは、何よりも家族という名の“血の絆”だった・・・。



監督 崔洋一 ■脚本 崔洋一、鄭義信 ■原作 梁石日『血と骨』 ■出演 ビートたけし、鈴木京香、オダギリジョー

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4849

http://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/townguide/cinema/77/index.php

商品はいろいろあります。よく読んで選んでお買い求めください。

血と骨 コレクターズ・エディション 血と骨 通常版

血と骨 コレクターズ・エディション(初回限定生産)【PCBE-51385】=>20%OFF!血と骨 コレクタ... 血と骨

めぐる水辺

ビデオ・DVD 
10 /16 2005
ハイビジョンシリーズ 映像詩 里山2 命めぐる水辺 ◆20%OFF!

NHKが継続的に取材を続けてきた「映像詩 里山」。
田んぼ、小川、雑木林・・・。人と自然が共にくらしてきた「里山」「里地」は、身近で、なつかしい、そしてかけがえのない日本の自然。今回のテーマは「水」。水と密接な関わりをもつ人と生きもの世界を、斬新かつ美しい映像で描く。

 舞台は滋賀県北部。琵琶湖に近い集落では、家の中に湧き水を取り入れた、「カバタ」と呼ばれる独特のしくみが今も残り、人々は、湧き水を日々の生活に利用している。人が使った水の流れは、魚やトンボ、カエル、水鳥など、多くの生きものを育みながら、湖へと下る。
 湖畔には豊かなヨシ原が広がり、コイやフナなど、多くの魚たちが産卵のために集まってくる。その魚を狙って、昔ながらの木の舟を使った伝統漁が営まれている。

 見どころは、2年近くをかけて撮影に成功した凝った映像の数々。ヨシノボリと漁師との出会いや、花火を見るカエル、大迫力のコイの産卵など。心のふるさとの風景を描いた珠玉の映像詩。

ハウルの動く城  予約受付中

ビデオ・DVD 
10 /08 2005
ご存知宮崎駿の作品ですが、もうDVDに。つい先日劇場で見たような。。なんと時間の経つのが早いこと。

*ハウルの動く城 特別収録版
本編DVD2枚、特典ディスク2枚の計DVD4枚組に加え、全国で実際に上映されたフィルムを透明キューブに入れた特典「1/24second」を同梱した『ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き』 が11月16日発売。※限定仕様につき、数に限りがございますので、ご注文はお早めに。



*ハウルの動く城
本編DVD1枚、特典ディスク1枚の計DVD2枚組『ハウルの動く城』 が11月16日発売。特典ディスクには、絵コンテ映像、劇場予告編集、メイキングダイジェストなどを収録。発売予定日は2005/11/16です。ただいま予約受付中です。カレンダーもご紹介しておきましょう。

  

父と暮らせば

ビデオ・DVD 
10 /06 2005
突如幽霊となって現れた父・竹造に励まされ、悲しみを乗り越え、
未来に目を向けるまでの4日間の物語。娘・美津江には、「たそがれ清兵衛」で数々の映画
賞を受賞した宮沢りえ。父親には原田芳雄。

http://www.medianet.co.jp/eizo/chichitokuraseba/

父と暮らせば ◆20%OFF!

初恋の来た道

ビデオ・DVD 
10 /06 2005
映画の題名ってへんなのもあるけれど、「初恋の来た道」は上手な命名ですね。原題はどんな意味なのかしら?
Loversとは対照的に実に淡々としていて、それでいてチャンツィーの美しさが十二分に発揮されている。監督さんが彼女にほれ込んで作ったのでしょう。
ベルリン国際映画祭での受賞作品だけあって、人の心を打つ映画です。好きだなぁ。。。

http://www.sonypictures.jp/archive/movie/roadhome/




マーシャルロー

ビデオ・DVD 
10 /06 2005
原題は”THE SIEGE”。デンゼル・ワシントン&ブルース・ウイルス主演。デンゼルワシントンは文句無くかっこよい役を演じていて素敵さに文句はない。ブルース・ウイルスは珍しく嫌な役であるが、感じがよく出ていて、この人うまいんだなあと妙に感心してしまった。悪役をした時の方が上手い、下手がよく分かりますね。

アメリカにおけるアラブ社会との不調和が戒厳令にまで発展したという物語なのだけれど、9.11のアタック以前にこのような映画が作られていたことにびっくり仰天。

映画の方が現実より先回りしているので、タイムトンネルを抜けてきたような感覚におちいる。


http://tinyurl.com/bo8q3



チャンツィーの”Lovers”

ビデオ・DVD 
10 /06 2005
これもだいぶ前の作品なのでしょうね。フォトショップでいじくりまわした写真のように美しい画面の連続。CGと実写の総合芸術。様式美の極致です。
ストーリーはよくある話なのですが、とにかく画面の美しさ、俳優達の身のこなしの美しさに圧倒されます。 金城武はちょっと甘すぎ?と思っていましたがなかなかの顔です。劉徳華 ( アンディ・ラウ)もかっこいい。

チャンツィーは本当にきれい。「初恋の来た道」では初々しかったけれど色っぽいし身のこなしが大胆で美しいこと。

見といた方がいいよ、って映画でした。

http://searchina.ne.jp/entertainment/seek.cgi?genre=andy

http://www.chinaeiga.com/dianying/cnnew27.htm

http://tinyurl.com/8wrub

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。