上野の雪割草

虫など
03 /30 2012
サイズ変更IMG_0995-2

28日、足慣らしに上野公園に行ってみました。桜はまだまだ、1本、2本ぐらいしか咲いていませんでした。おまけにあちこち花見客が入れないよう柵があり、桜はさいていないにもかかわらず、ものすごい人出でした。w

上野大仏という大仏の首が祭られている小高い小さな丘の斜面に、新潟のボランティアが植えつけたという雪割草が今が盛りとさいていました。
新潟では雪の中から顔をだすのでしょうか、ここでは枯葉の中からいっせいに顔を出していました。
枯葉とか土の茶色が邪魔をして、実際に見たような色が撮れませんでした。色がひっぱられるというのでしょうか、難しいなぁ、花は。。。w

いろいろな色があり、小さいながらなかなかはなやかでした。
今年初めての虫撮影もできました。



にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

続きを読む

徳光ゆかり写真展ふたつ@富士フォトギャラリー新宿

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
03 /27 2012
徳光-サイズ変更


自分で撮った写真がないのでイベントの紹介ばかりしておりますが・・・・。w

富士フォトギャラリーで。

徳光ゆかり氏の略歴

1947年大分県別府市生まれ。1967年日本写真映像専門学校芸術学部卒業。西部毎日広告社制作局カメラマンを務め1970年同社退社、上京後フリーランスとなり、現在に至る。2007年9月、60歳記念写真展「風の吹くまま」を富士フォトサロン・京セラコンタックスサロンにて開催。同時に写真集「風の吹くまま」を刊行。富士フイルムイメージングフォトゼミ講師、日本橋三越カルチャーサロン講師、NHK文化センター講師。日本フォトコンテスト誌月例審査など。

プロ写真家オリジナル作品 チャリティー販売

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
03 /26 2012
フレームマンFMGSR_09

東日本代震災支援企画のお知らせです。
たくさんのプロ写真家が名前を連ねていらっしゃいます。

フレームマンのHPはこちら

もう一つのお知らせは東京写真月間「心が光る瞬間」写真展。沼田先生はオリンパスギャラリーで5月31日から6月6日まで。

詳しくはこちら

「写真は楽し!!」展@ヨドバシフォトギャラリー

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
03 /26 2012
鋤田さん写真展081-2


JCII 沼田教室のお仲間の写真展にお仲間3人と沼田先生とで行って来ました。

写真展のタイトル通り、楽しい写真展でした。
帰りに先生もご一緒にスパッゲッティー屋さんで遅いお昼。女4人はかしましく、た~っぷり3時までおしゃべりして帰って来ました。w

続きを読む

新宿御苑撮影会

フォトカルチャー倶楽部in蕨
03 /24 2012
サイズ変更IMG_0810


今日はフォトコン倶楽部「れ・こぱん2011」の撮影会でした。3ヶ月に1回、集まることにしたのですが、前回も雨、今日は朝6時には止むという天気予報にもかかわらず、しとしと霧雨でした。たぶん、これは雨男がいるからなのでしょう。(笑)

2月11日にびりびりと電流が流れるような痛みが足の指の付け根にくるモートン病を発症して以来の撮影で、すっかり手元が狂い、ピンボケ写真ばかりなのが大変なショックでした。
雨でくらかったのでISOをあげての撮影でしたが、なんでこんなにぶれるの?という感じ。まぁ、足慣らしが第一の目的ということにしておきましょう。

整形外科で靴の中敷を作ってもらいましたが、15分ほども歩くとまだじんじんと痛みがあります。毎日少しづつ歩くより仕方ありませんね。当初考えていたよりずっとタイヘンです。

ところで、キタムラの店頭に置いてある「四季」という小冊子の冬号と春号に「れ・こぱん」のことが出ていますのでごらん下さい。

やっと春めいてきましたが、こんな足では撮影もままならないと落ち込みそうになりますが、あまり歩き回らない撮影方法で写真は続けてゆきたいと思っています。


続きを読む

お店番と朝の散歩@キャノンフォトサークルウエブ

Canon Photo Circle Web
03 /09 2012
サイズ変更IMG_0567-4T

埼玉写壇の勉強会に出した「お店番」をフォトサークルウエブに投稿したところ掲載されました。

■応募時の私のコメント
去年の夏の終わりの谷中の祭りの時に撮りました。レトロな祭りにレトロな雰囲気の女の子達がなんとも嬉しかったです。

■ スナップジャンルマスター 板垣 真理子先生 からのコメント
なんともいい感じのワンショット。すべてがうまくかさなりあってできた一枚なのでしょうね。子ども表情、2人して同じ方向向いて、なにかあったのでしょうか。人物の配置とタイミング、うまくいってます。提灯と、背後の店の灯り、雰囲気あります。暮れかかる光。思い出ですね。

ちなみに背後のカフェアラパパで息子の写真展をさせて頂きました。今度この写真をマスターにお渡ししてこようかしら。w

続きを読む

東京の片隅で(池口正和写真展)

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
03 /07 2012
猫写真展080-2


大好きな猫写真家の写真展です。あら、うれしや、新宿のコニカミノルタプラザです。ここならほとんど歩かなくてすむのでゆかなくっちゃ。

3月23日(金)~4月2日まで
入場無料
無休

新宿コニカミノルタプラザギャラリーB


あらら・・・、慌ててスキャンしたら傾いてしまったです。お許しを

池口正和のHP「路上のルール」はこちら

やこちゃん、大いに踊る

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
03 /06 2012
やこちゃん     やこちゃん-2    やこちゃん-3

浅草公会堂で大イヴェントがあり、福島のやこちゃんが踊ったのです。どうです?このあでやかな立ち姿。。。

とはいっても、私は足が痛くて行かれなかったのです。メールによると、これが最初で最後の大イヴェント参加になるだろうとの事。。。残念でなりません。

今週は沼田教室も休んでしまったし。。。。
少しづつ距離を歩けるようにしなくてはね。

写真はやこちゃんのいとこさんがやっていらっしゃるHANANIWAさんのHPからお借りしてきました。

↑やこちゃんにこんな素敵なお花屋さんの従姉さんがいらっしゃることなど聞いておらんかったぞよ。

モートン病その後

日記
03 /06 2012
サイズ変更IMG_6868


早いもので足が痛くなってからもう3週間以上たってしまいました。最初の電流が走るがごとくの痛みはだいぶ軽くなったものの、いまだにおそるおそる歩いています。
Doctorが敷き革を作るのも一つの手だとおっしゃるので、早くすたすた歩きたい一心で注文してしまいました。なんでも3万円近くかかるけれども、あとから70%は返ってくるということなのです。診療時間外にほかの専門家が来て足に合わせて作ってくださるとのこと。5月にはフランスにホームスティに行くのでちょっと焦っているのです。

ネットで検索したら2000円ぐらいでモートン病用の敷き革を売ってはいるようですが、カスタマーレヴューによるといい人もいるし、合わない人もいるようなので、やはりクリニックで作ってもらうことにします。w
予約が必要で今週の土曜日に診てくださるとのことですが、フィッティングにも予約が必要で、今月は用事がぎっしりなのでだいぶ先まで実際に試してみることができないことになってしまいました。なんてこった!!

しっかし、足の具合が悪い人はずいぶんたくさんいるようで、ねっとにはその症状がいろいろ書かれていますが、私はまだ軽い方のようです。

足のことなどな~んも考えずに歩き回っていたのが夢のようでありんす。。。

続きを読む

赤羽の猫

Canon Photo Circle Web
03 /02 2012
赤羽サイズ変更IMG_4038-6W

フォトセッションで公開されたものでブログに載せてなかったものをアップします。

↑は一年ぶりにフォトセッションに応募したもの。(公開日2011年12月26日)



<ジャンルマスター 平林 美紀 先生からのコメント>

外猫のたくましさを感じる1枚です。
背景のポリバケツや柱がちょっとうるさく感じました。
フレーミングやトリミングで上を少し切ってしまえば、
猫の存在感が増すかもしれません。

続きを読む

SELPHY CP800 ゲット!!

Canon Photo Circle Web
03 /02 2012
サイズ変更IMG_3696-5


しばらくキャノンフォト倶楽部ウエブのフォトセッションに応募していなかったのですが、やはり、とても勉強になるからと最近になって何枚か応募していたのですが、そのうちの「氷雨」(お台場でとったもの)が入賞し昨日ご褒美の小さなプリンターが贈られてきました。
早速印刷してみようかと思いましたら、インクは別売りとのことなので、慌ててアマゾンで今注文したところです。
ウエブで会員誌Momentsを確認しましたら、3月号に載っているようです。私はウエブでしか見ていませんが、momentsuを購読していらっしゃる方、ウエブ会員の方がおいででしたら、どうぞみてやってください。

プロの写真家ではない方が選者というのはちょっぴり気になるところではありますが、うれしいです。w

SELPHY CP800


ジャンルマスター   からのコメント
2012年3月号分【★★お気に入り賞】
募集テーマ「シネマチックな1カット」
選評=別所哲也さん

女性のシルエットを挟んで、左右で異なる色の光が反射した路面がシネマチックです。ハードボイルドやサスペンスといった雰囲気があります。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。