ちょっと暗くなってから@三軒茶屋

撮影会
10 /30 2014
サイズ変更IMG_1418

前回と同じ路地を歩いたのですが、時間が違うと雰囲気が違いますね。

「ここのままさんなの?」と聞くと笑いこけてくれました。まだティーンなのかな?正面からも撮らせてもらいましたが、ブログには載せないでおきますが、秋山教室にはもってこうっと。。。w

続きを読む

カラフルな世田谷線

撮影会
10 /30 2014
サイズ変更IMG_1365-3

今日は3人だけの撮影会でした。
先日行った三軒茶屋と下高井戸を結ぶ世田谷線を是非見たかったのですが、撮り慣れない電車は難しかったです。
今度は一度乗ってみたいものです。

続きを読む

新旧ごちゃごちゃの街、三軒茶屋(10/25)

撮影会
10 /26 2014
サイズ変更IMG_9615

住みたい街に常に上位にいる三軒茶屋、行く前から楽しみにしていました。JCII秋山武雄教室の撮影会です。

渋谷の向うにはほとんど行ったことがありませんでしたが、地下鉄が便利なのにびっくり。王子から南北線、永田町で半蔵門線に乗り換え、10分ほどで三軒茶屋に着いてしまいました。新宿や渋谷など超混雑する駅で降りることなく行け、なんだ、簡単なんだ、といなかっぺことしゃんは安堵したのでした。埼京線を使わなかったのは大正解。らくちん1時間の旅でした。JCIIに通い慣れた線なのでまた是非訪れたいものです。

続きを読む

大田原日帰り親睦会 (10/19)

日記
10 /22 2014
サイズ変更IMG_9478



大田原市と蕨市は昨年12月に災害協定というものを締結し、市民レベルの交流会が何回も行われています。災害があった時にお互いに助け合うのだそうですが、なんだか蕨は大田原におんぶしているばっかりにならないよう中心になっている人たちも頭をひねっているようです。。
今回のツアーは私が所属している蕨・エルドラド姉妹都市協力会が企画し、30名の参加がありました。

11月15日(土)には婚活ツアーなるものが計画されているとか。若い人たちが興味を持って行って下さることを切に願うばかりです。婚活ツアーに世話係として行くわ、と大乗り気の方がいました。

しばらく前から大田原のアンテナショップが蕨市にでき、大田原の新鮮な有機野菜やお米など売られているそうです。
近くを通る時はいつも閉まっていて、一回も覗いたことはないのですが、是非美味しい有機野菜を買いに行きたいと思います。



サイズ変更IMG_9476

大田原市は蕨市の70倍の広さがあるそうです。蕨市は日本一狭い市、両極端の市の交流がこれからも長く、いい関係を築いていってほしいです。

続きを読む

没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
10 /11 2014
短編デビュー作から遺作まで全23作品!
フランス恋愛映画の巨匠と美しき女優たちによる珠玉の作品郡がスクリーンによみがえる

1932年パリ生まれのフランソワ・トリュフォーは1984年10月21日に52歳で短い生涯を終えました。1950年代後半、ジャン・リュック・ゴダールらと共にヌーヴェル・ヴァーグの一員として映画の世界に革命を起こし、やがてフランス映画界を代表する巨匠となったフランソワ・トリュフォー。不幸な少年時代を送り、やがて映画と出会い自分の生きる道を定めた男。彼が人生の全てを映画に捧げて作られた奇跡の作品群は、フランス映画を語るうえで欠かせないものばかりです。映画を愛する皆さま、恋の本質を知りたい皆さまにお届けする至極の作品群。ぜひご期待ください。

【上映作品】
『あこがれ』 『大人は判ってくれない』 『ピアニストを撃て』 『突然炎のごとく』
『アントワーヌとコレット<二十歳の恋>より』 『柔らかい肌』 『華氏451』 『黒衣の花嫁』 『夜霧の恋人たち』 『暗くなるまでこの恋を』 『野性の少年』 『家庭』 『恋のエチュード』
『私のように美しい娘』 『アメリカの夜』 『アデルの恋の物語』 『トリュフォーの思春期』
『恋愛日記』 『緑色の部屋』 『逃げ去る恋』 『終電車』 『隣の女』 『日曜日が待ち遠しい!』

プログラムはこちら

おばあちゃんと一緒

猫など
10 /10 2014
サイズ変更IMG_9326-mono

今朝映画に行こうと、ottoと階下に降りたら、あのおばぁちゃんと猫がいるではありませんか?うちから少し離れたところのおばあちゃんで、何回も会っているのですが、いつでもカメラを持っていたためしがありません。いつか撮らせていただこうと思っていたのですが、うちの前にいるなんて!でも、今日もカメラは持っていません。慌てて階段を駆け上がり、かけ降りして7Dを持ち出し、ぱちぱちと数枚撮ったのですが、な、なんと”カードがありません!!”の表示が。私はめげずに再度駆け上がり、駆け下り、今度はKiss X6iを持ちだし、公園のベンチで休んでいるところを撮らせていただいたのでした。

どうしてモノクロにしたかというと続きを見て頂くとわかるのですが。。。

足ががくがく。しっかし、残念!NO Cardで撮った時の方がずっといい構図とポーズだったのです。また絶対撮らせていただこうっと。。。w

やはり、いつでもカメラは持っていなくてはいけませんね。ちゃんとカード、バッテリーを入れて、、、、w

続きを読む

蜩の記

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
10 /10 2014
img010-2.jpg


今日はあさイチで蜩の記を見にいってきまーす。
好きな俳優ばかり。。。。^^/

~~~~
見て来ました。一連の藤沢周平モノに雰囲気の似たいい作品でした。

妻籠宿の人々

撮影会
10 /09 2014
サイズ変更IMG_0826

↑お店の人だけが妻籠の方。老舗のお菓子屋さん、”澤田屋”さん、おかしいなぁ、岐阜の中津川の方でottoが買って来たのとそっくりだわ、と思いつつ、2種を購入。ottoはとても気に入り、食べたあとご丁寧にネット検索。同じ味だと思ったら、岐阜のと同じ店だよ、とのこと。ご丁寧に宅配で注文していました。そんなに甘いものばかり食べても大丈夫かいな??w


サイズ変更IMG_0836

続きを読む

猫もいた妻籠宿

撮影会
10 /09 2014
サイズ変更IMG_0768

純粋な観光地での撮影はあまり気が乗らなかった私ですが、猫に出会えてそんなちょっぴり後ろ向きだった気持ちを前向きに変えることができました。あんがと、にゃんこ。。。w

サイズ変更IMG_0782     サイズ変更IMG_0772

今日はフォト倶楽部の定例会。妻籠の写真を20枚ほど選んでUSBに入れました。ではまた、帰ってきたらまた写真をアップしますね。

秋の花がいっぱいの妻籠宿

撮影会
10 /09 2014
サイズ変更IMG_0907

サイズ変更IMG_0662


天竜川沿いにあるよし乃亭で一泊。のんびりと結婚以来初めての浴衣姿で14人そろって食事。食事は品数も多く、珍しいものもありついつい箸が進み、食べ過ぎてしまいました。
翌日は8時半出発で妻籠宿へ。

妻籠宿は秋の花々が咲き、また各商店では競って秋の花を活けて旅人を歓迎してくれていました。

妻籠宿(つまごじゅく)は、中山道42番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県木曽郡南木曽町。木曽路を代表する観光名所として名高いのだとか。ちなみにわが町蕨は中山道第2番目の宿場町です。

サイズ変更IMG_0635-2

サイズ変更IMG_0791

続きを読む

濃霧の千畳敷カール

撮影会
10 /08 2014
10月3日4日と一泊撮影会が蕨デジタルフォト倶楽部のメンバーで挙行されました。足が痛いのに下見までしてきてくださった会長のおかげでつつがなく楽しい旅行をすることができました。

千畳敷カール(せんじょうじきカール)とは、長野県駒ヶ根市と宮田村にまたがる中央アルプス(木曽山脈)宝剣岳の直下に広がる氷河地形(圏谷・カール)のことで、その紅葉はネットでみてすっかり憧れていました。

どんなに素晴らしい場所かというと・・・
千畳敷カール-3     千畳敷カール-2     千畳敷カール-1

これらは全部ネット上の写真です。なぜ自分の写真を載せないかって? 聞かないでください、お客さま。w
濃霧でな~んも撮れなかったのです。3時間カールにいる予定でしたが、写真は撮れないし、寒くてかじかんでしまったので1時間ぐらいで逃げるように降りてきたのでした。w

でもまあ記録ですので、可哀想な写真たちを続きのページに載せますので興味のある方はご覧ください。

続きを読む

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。