FC2ブログ

連休第2日目・異文化コミュニケーション講演会に行く

日記
11 /04 2006
Asaka


ことしゃんのページでご紹介した庭園美術館での講演会に行ってきました。
話術巧みなジェフ・バーグランドさん、支離滅裂的に海外に飛び出した猿橋望さん、一度も留学経験なしに、バイリンガルと共に同時通訳の世界で頑張っておられる新崎隆子さん、3人の強い個性を上手にコントロールしながらまとめられた平野次郎さん。こんなに楽しい講演会は初めてでした。参加してよかったー

*↑はお土産に頂いた浅香家紋章入りのチョコ。写真を撮ったら即、夫と私の胃袋に収まりました。以前コンサートに行った時も頂きましたっけ。
lion

↑庭を少しだけ散策しました。大きなねこが。。。^^
rose

↑ちょっと不思議な色のバラが咲いていました。


以下自分用のメモです。

異文化コミュニケーションフォーラム
http://www.ibunka.skr.jp/
今までのフォーラム
http://www.ibunka.skr.jp/forum.htm
異文化コミュニケーション財団
http://www.icf.jp/

このとき米原万理さんが出られるというので行きたかったのでしたが他に用事があって行かれなかったことが悔やまれる。

ジェフ・バーグランド
 http://tinyurl.com/y7tu49
*20歳で6月に来日し、雨が降り傘を生まれて初めて差しカルチャーショックを受けたという話にこちらがショック。
*自分の母国語の他に他の言語を学ぶということは、自分を育てること。
*10のうち9までできているのにのこりの1が気になって、日本人はできない、しゃべれないという。アメリカ人は逆。1できれば残りの9は気にならず、出来ると言う。

猿橋望(NOVA社長)
他のお二人に比べるとちょっと聞きづらいはなし方だったが、18歳でパリに行ってからの行き当たりばったり的な生活の中で身につけた語学の話は面白かった。1年間のデンマークでの生活でデンマーク語がしゃべれるようになったそうな。
http://www.bbt757.com/servlet/ShowSummary?prg_id=239

新崎隆子

海外生活や留学の経験は全くなし。驚くことに通訳を志したのは、 30才をこえてからという遅咲きキャリア。
はきはきしたもの言いは怖い感じなのだがその卓越したユーモアは会場を魅了。米原万理さんを彷彿とさせる面白さ。
*congratulationsの sが無いと馬鹿にされるなんてとんでもない。必要な場面でいうことが大事。偉い人(外交官)がそんなことを言うから、日本人はしゃべれなくなる。

  

コメント

非公開コメント

トラックバック

ジェフ・バーグランドの本

先日講演会ですっかりファンになってしまったジェフ・バーグランドの本です。講演会と同様面白いこと間違いなし・・・ってまだ読んでないのですけどね。★日本から文化力―異文化コミュニケーションのすすめ

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。