フォトジェニックな街、深谷

イヴェント(展覧会・コンサート・映画・講演会など)
12 /17 2011
サイズ変更IMG_4867     サイズ変更IMG_4865     サイズ変更IMG_4877
     
いつも私のブログに書き込みをしてくださる笑子さんが所属しているKPCというサークルの「それぞれの写真展/2011」を見てきました。

赤羽で来た電車に飛び乗ったら特急でした。w
東京駅とそっくりの駅舎の中にあるギャラリーとのことでずーっと楽しみにしていた気持ちを乗せてさすが特急はぐんぐん走ってくれました。ちょっとした旅行気分です。w

空は澄み渡り、真っ青な空が気持ちよいのですが、その風のつめたいことといったら。。赤城おろしのからっ風なのでしょうね。駅舎をとっているだけで震え上がってしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

改札を出ると案内板がありました。素敵なポスターです。

サイズ変更IMG_5059


会場の様子は笑子さんのブログをみてくださいませ。

写真展初日です

ようこそ、中谷先生

深谷ねぎしか予備知識がありませんでしたが、駅の看板によると渋沢栄一の生まれ故郷なのだそうです。
笑子さんとお母様にはお会いできませんでしたが、鳥居と猫など谷中の写真を出展なさっている方といろいろお話ができ嬉しかったです。
京急線の青物横丁も面白いとのこと、そのうちぜひ行ってみたいものです。その方に勧められ、古い建物が残っているという深谷シネマ付近を散歩。寒風が身にしみましたが、この街にはぜひまた来たいものだととすっかりその風景に魅了されてしまいました。
道を尋ねたおまわりさんは、もう何も残ってないよといっていましたが、どうしてどうして街のいたるところが素敵でした。w

もともとは酒造の工場と母屋ということでした。来年の朝ドラのロケもしたそうです。

サイズ変更IMG_4896

この煙突、すっかり魅了されました。

サイズ変更IMG_4901

↑ロケの後片付けでもしているのでしょうか、中はかなりごったがえしていました。

サイズ変更IMG_4905

↑ごった返している所を通り抜けると、なんとまぁ、フォトジェニックな・・・・

サイズ変更IMG_4910

↑このたばこの看板。

サイズ変更IMG_4951

ここではモダンタイムスとか黄金狂時代とかそれはそれはなつかしいような映画を上映するようでした。



サイズ変更IMG_4920

↑映画を観終わった人たちがちょっと一休みできるオープンスペース。寒いので座る気持ちにはなれませんでした。w

サイズ変更IMG_4971

物置を改造したのでしょうか、お休み処まであったので、カレーを頂き、ここを出て、駅までの途中で撮影を続けたのでした。

ふかやシネマ

コメント

非公開コメント

Re: フォトジェニックな街、深谷

こんばんは~
寒い中、遠いところ写真展にお越し下さって本当に有難うございました。
お会いできなくて本当に残念でした。
ご案内できなくて申し訳ありませんでした。

深谷シネマ辺りを散策されたのですね。。。
深谷はホントにひと気の少ない寂しい感じですよね。。。
それでも古いレンガの建物は郷愁を誘います

ここは映画やTVのロケも多くて「ゲゲゲの女房」のロケ地でもあります
私の息子が通った深谷商業高校には二そう楼という古い建物があって
度々ロケで使われ家の息子もNHKドラマのエキストラに出たことが
あるのです

またいつかお会いできると嬉しいです
本当にありがとうございました。

Re: フォトジェニックな街、深谷

来年は深谷高校にもいってみたいです。

埼玉県人でありながら他の町をほとんど知りません。来年は電車で行かれるところでいろいろ歩いてみたいです。

2月には新宿で個展をなさるとか、今から楽しみにしています。

ことしゃんがかわいいのであそびにきました

>赤羽で来た電車に飛び乗ったら特急でした。


ことしゃんらしくて、わろたv-210

Re: フォトジェニックな街、深谷

素敵な趣のあるところですねえ。
少し前の私の田舎のあちこちにあった風景みたいです。
最近は壊されて、同じような安っぽい住宅ばかりになりましたが。
こういうところは撮影に使われるくらいですから、少しは長生きできるでしょうが、
今のうちにたくさん撮っておいてくださいね。
空の青さが素敵でした。
冬は輝度差が大きくなり影が濃くなるのがこれでもよくわかりますね。

Re: フォトジェニックな街、深谷

はなゆーさん

草津行きの特急でしたので、温泉旅行に行く人ばかり。みんな楽しそうでうらやましかったです。ちょっと電車に乗りさえすればいいのですね。特急券払いましたが、ちょっとしたプチ旅行の気分が味わえてよかったです。w


Kiyoさん

数十年ほったらかしだったそうですが、最近少しづつ手を入れて、げげげの女房とかもここでとったそうです。
ここはそうやって文化センターのような役割もあり保存されるでしょうが、その他の建物も保存して欲しいです。川越のようにたくさん集まってはいませんが、旧中仙道をもう一度見直せばまだまだ他にもあるように見えました。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。