FC2ブログ

みんなでRebreuve-Ranchicourtを散歩(5/17)

蕨・姉妹都市協力会の活動
05 /30 2012
サイズ変更IMG_9395

17日はキリスト教の宗教的祝日だそうで、坊やものんびりしています。一人散歩から帰っておいしいバゲット、クロワッサン、レーズン入りのパイ風のパン、コーヒー、ジュースにヨーグルト。目玉焼きは?と聞かれ、私は断りましたが、目玉焼きは2個が原則のよう。エルベは3個食べるはめに。
コーヒーメーカーは二つあり、普通のレギュラータイプとエスプレッソのどちらかを淹れてくれます。私はいつも”軽い方を”と頼んでいました。コーヒーのいい香が広い部屋いっぱいに広がります。

パンは本当においしいし、ヨーグルトもおいしいです。

今日のスケジュールはわりあいゆっくりで、12時にノートルダムローレット教会脇のレストランで集合。
少し時間に余裕があったので、近所を全員で散歩することに。
ひとり散歩をした道のずっと先まで案内してくれました。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
サイズ変更IMG_9413

↑坊やの通っている学校。生徒は50人くらいだそう。ヴァレリーは翌日見学するアラスの学校に勤めていて、毎朝通うのが大変なので、こちらの学校に移る希望を出しているのだけれど、今は空きがないとのこと。あの大きな家の家事をこなしながら遠くへバスで通うのは大変ですものね。

サイズ変更IMG_9419

↑Rebreuve-Ranchicourtの市役所。

サイズ変更IMG_9432

↑こんな風に改修している家をいくつか見ました。古い建材にあたらしいものも加えているようです。

サイズ変更IMG_9532

↑奥のように廃屋になっているところもありました。いくつか"売り家”とか"貸家”の看板も見ました。

サイズ変更IMG_9437     サイズ変更IMG_9443-2

↑牛がたくさんいたので声をかけ中に入って撮らせてもらいました。北海道とおなじですね。

サイズ変更IMG_9462

↑目的地の古い教会。中世のもののよう。。。

サイズ変更IMG_9489     サイズ変更IMG_9501     サイズ変更IMG_9507

↑お墓も日本のものとは雰囲気が違います。土葬だそうで、5~6人入ったらいっぱいとのこと。

サイズ変更IMG_9478
↑違う向きから。。サイズ変更IMG_9480
↑教会は少高い場所にあるので遠くまで見渡せます。電線が・・・・・^^;

サイズ変更IMG_9511

↑風力発電の風車が並んでいました。”自分の家の近くにあるのはいやだけど、遠くにあるのはかまわない”とはエルベの弁。w

サイズ変更IMG_9467

↑教会の建物のようでした。


サイズ変更IMG_9450

↑少し歩くと古い農機具が展示されていました。

サイズ変更IMG_9457

サイズ変更IMG_9515     サイズ変更IMG_9521     サイズ変更IMG_9524-4W-2

サイズ変更IMG_9526-4W-2     サイズ変更IMG_9527     サイズ変更IMG_9536



↑休日なので自転車のツーリングを楽しむ人がたくさん。結構の歳に見えますがみな元気に挨拶を返してくれました。大きなサイズにプリントしてみようと思います。

サイズ変更IMG_9541

↑あたらしい建材で建てられた家も色合いは全て調和がとれるよう配慮されています。

サイズ変更IMG_9552

↑肉の直売所。自家製タルトもあるようです。

サイズ変更IMG_9568

↑かわいいろばの子どももいました。

サイズ変更IMG_9597

↑写真をとっていたら、あらあらみなあんなに遠くへ・・・w

サイズ変更IMG_9602

↑カエルが道を渡るので、注意を促がす標識です。

サイズ変更IMG_9610

↑やれやれ、我が家です。ガレージの前から裏庭をみたところ。芍薬がきれいです。

1時間半ほどの散歩でした。さて、着替えて、レストランに行かねば、、、。

コメント

非公開コメント

ことしゃんがかわいいのであそびにきました

中世の教会はかっこいいのだ。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。