ノートルダムローレットとカナダの飛び地(5/17)

蕨・姉妹都市協力会の活動
05 /31 2012
サイズ変更IMG_9615-2

位置関係はちょっと分からないのですが、アラスの町を遠くに見渡せる小高い丘の上に白くてどっしりとした教会がたくさんの十字架に守られるようにして建っていました。

このあたりは第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦場となった場所で10万人以上の人が亡くなったそうです。
簡素な十字架だけのお墓が見渡す限り建っていました。お墓の中には少し違う形のもあってそれらはイスラム教徒たちのお墓でした。




にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
サイズ変更IMG_9627-4W


教会に入る前に全員ではありませんでしたが、教会脇にあるレストランで食事会でした。

サイズ変更IMG_9648     サイズ変更IMG_9650     サイズ変更IMG_9663

どこの教会もそうですが、ステンドグラスが本当に美しい。

サイズ変更IMG_9665

教会を見学したあと、戦場になったVimmyというところに行きました。ここは大勢のカナダ兵が亡くなったところだとかで、カナダの飛び地となっています。

サイズ変更IMG_9713

Vimmyについての石碑。

サイズ変更IMG_9717

↑これがカナダ領事館

サイズ変更IMG_9724-4W

↑このモニュメントが、近くカナダで発行される20ドル札に印刷されるのだそう。

ちょっと調べてみました。

"Nationalist symbol: The Vimy Memorial in northern France pays tribute to Canadian soldiers who lost their lives in the First World War"

カナダの新20ドル札



サイズ変更IMG_9763

↑人が歩いている道以外は立ち入り禁止となっています。地雷がまだたくさんあるからだそうで、羊は時々犠牲になるのだそう。つまり、羊が地雷探知機(?)

サイズ変更IMG_9787

↑こんな風にカナダとフランスの国旗が掲揚されています。
手前側の駐車場からモニュメントまで相当の距離がありました。よほど駐車場で待っていようかと思いましたが、ゆっくりゆっくり歩いてしまいました。

サイズ変更IMG_9780
↑モニュメントまでの道

サイズ変更IMG_9774-2

↑モニュメントで記念撮影。私が撮影したので、私はいません。w

サイズ変更IMG_9793-2

塹壕あと。塹壕以外のところは立ち入り禁止です。

サイズ変更IMG_9790     サイズ変更IMG_9788

いたる所にこのような標識があります。

いわば負の遺産ともいえる場所ですが、このような歴史を忘れてはいけませんものね。

こちらの方のほうが写真がお上手。↓

ヴィミーの尾根の戦い

コメント

非公開コメント

ことしゃんがかわいいのであそびにきました

貴重な史跡を見学できて良かったのだ。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。