ぴちの一大事

猫など
06 /19 2012
IMG_6643-2.jpg


前にもご紹介したノラのぴちですが、今日は一大事でした。
昨夜暗くなってから公園の草むらでおしっこをしようとしているぴちがなんとも苦しそうな声をあげていました。
昔、手当てが間に合わなく尿管結石で死んだ猫を思い出しました。

今日になってうちのマンションの階段下でぐったり横になって苦しそうな声をあげているのです。
野良だから病気になりやすいのね、とottoと話していたのですが、ottoは気が気ではにらしく、バスケットに入れて病院に行くから一緒にきてくれというのです。

野良なのにとても素直にバスケットに入り、病院に行く途中もニャンともいいません。よほど弱っているのかと心配なほど静かでした。




にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村
ところが、病院の診察台に上がるとそれはもう猛獣さながらの声と暴れ方。ネットに入れられ、Doctorとかわいい看護婦さん3人がかりで診療していただきました。やはり膀胱がパンパンに尿で一杯とのこと。尿管結石とのこと。私の観察は間違っていませんでした。
注射器で尿を抜くのですがDoctorもびっくりの大量さ。250cc以上あったでしょうとのこと。

それでも発見が早かったので、血液はほとんど混じっておらず、よかったとのこと。1週間はもつという抗生物質の注射と手当てで21,000円なりを払い帰って来ました。野良なので餌の管理が難しいだろうけれど、できるだけこの餌だけをやって下さい、他の餌やりの人にも渡してくださいと、た~くさんドライフードを頂いて帰宅。

しろとへいちゃんがパニック。急いでケージを組み立ていれようとしてもギャーギャー大騒ぎ。これはとても一晩でも家に置く事はできないと判断。ドアを開けてやると脱兎のごとく階下へ。

公園の管理人にも餌を渡しましたが、ちゃんとおしっこが出ているのでしょうか。結石の手当てはしたそうなので、熱が出たりしなければいいのですが。

病院へ連れて行って分かったことが一つ。ぴちはオス猫で去勢済みとのこと。飼い猫が捨てられたのでしょうか。

台風の影響で雨が強く、ottoは心配で、様子を見に行きましたが、ちょっとしたひさしのあるいつもの場所で落ち着いていたそう。

しばらくは様子をみてやらなければ。。。。

さて、そんなわけで倹約しなければいけないので、今夜のおかずはお野菜と豆腐だけでした。(笑)



コメント

非公開コメント

ことしゃんがかわいいのであそびにきました

助かるといいのだ。

(・_・)

今日は気もちよさ気にごろんごろんしていたので、安心しました。

おぉぉ。
このまま良くなると良いですね。
倹約のおかげで人間は健康になれそうですねぇ。(^o^;

きっとそのうちねこの恩返しが。。。

覗いちゃだめニャ~、とか。w

お野菜が高いですからねぇ、倹約にならないかも。。。w
猫に恩返しは期待できませんね。w

それはそれは大変でしたねえ。
でも優しいお二人に猫も感謝していることでしょう。
野良の世界も大変厳しいですね。
こちらは台風の被害は全くありませんでした。

去勢手術済みとのことなので、飼い猫が捨てられたみたいです。事情があるのかもしれませんが、かわいそう。
でも、複数の人に餌をもらい、自由に暮らしているのですから、病気にさえならなければ、幸せなのかしら、とも思います。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。