FC2ブログ

私は虫である(熊田千佳慕)

日記
11 /13 2006
PICT3747-2
昨夜(11月12日’06)11時15分からNHKアーカイブスの”秋の夜長”を見ました。
ファーブルの「昆虫記」に魅せられて昆虫の細密画を描きつづけ、虫たちとの対話を通して「私は虫である」と思うようになった熊田千佳慕さんの独自の世界を描いています。放送になった昭和44年から15年たった今95歳になられた熊田千佳慕さんは健在で、相変わらず絵を描いておられるそうです。
猫3匹と奥様と廃屋のような家に住み、道端でも草原でも腹ばいになってじっと虫を観察する姿は私の手本としたいものでした。
ちなみに、私もねこ2匹を飼い、道端にしゃがみこみ人が来ない原っぱや墓地では腹ばいになりますが・・・(笑)
夫婦仲良くせみの脱皮を観察している様は、昔息子達、姪&甥と一睡もしないで夜明かしをして観察した時の事が思い出されました。(確か夫はその場にいなかったような・・・・)

俗世の欲から遠く離れた熊田千佳慕さんの生き様はどこか修道僧にも似てすがすがしく、心洗われる優しいお顔をなさっていました。
http://www.nhk.or.jp/archives/fr_back.htm

上のバッタは私の写真です。
http://www.flickr.com/photos/kuronekokotoshan/264877565/

コメント

非公開コメント

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。