黒鼻の猫@見沼

猫など
05 /05 2014
サイズ変更IMG_9556

久しぶりのお客さんなので見沼に行く途中にある角上魚類にお客さんも一緒に買い物に行き、しこたまお刺身を買い、少し散歩してから帰ろうと見沼に行ったのですが寒くて寒くてとても散歩を楽しむどころではなく、逃げるように家に帰ったのでした。

お刺身はどれも美味しくて豪華な手巻き寿司パーティーになったのでした。w

↑見沼で会った黒鼻のねこ。可哀想にお腹をすかせていて、車から降りると駆け寄ってきたのでした。ottoが猫の餌を持っていたのでやりましたが、本当に可哀想。岩合さんの世界の猫たちを見ていて感じるのは、けっして豊かではないような場所でも猫にエサをやり、保護しているということ。日本人よりおおらかな人たちが世界には多いのでしょうね。猫に冷たい国は人間関係も冷たいのでは?と思うことしきり。


にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村
サイズ変更IMG_9582

桐がちょっと見頃を過ぎていましたが、あちこちで美しく咲いていました。

サイズ変更IMG_9573

↑この猫も黒鼻みたいでしたが、遠くてぶれぶれの写真となり。。。。

サイズ変更IMG_9588

↑お寺の庭先の片隅に置かれていたダルマ。そういえば昔、この近くで大きいのや小さいのを売りに来ていた人がいましたっけ。

コメント

非公開コメント

この写真の猫ちゃんについて

いつも拝見させていただいております。

この猫ちゃんに去年の夏前だったか初めて会いました。その時おなかが膨らんでいて通りすがりのおじさんに聞いたところ
「腫瘍だよ。前はもっと大きかったんだよ」と聞かされ
気になり何度か足を運んでいます。

先日も気になって見に行ったところ、腫瘍はあまり気にならない大きさになっていましたし、餌をあげているおじさんに聞いたら「よく食べてるよ」とのことでした。
でも、この子たちがいるお寺(名前は伏せますが)の住職は
猫に餌をあげている人や猫をかわいがっている人に怒鳴り込んで行ったりしていると餌あげのおじさんから伺いました
「警察を呼ぶ」と言われ、実際に警官が来て
お寺の敷地外の用水路の脇で餌あげをしているのも気に入らないと言われたらしいです。でも、警官も「公共の土地だから問題はないですよ」と言われたとのこと。警官も餌あげのおじさんに賛成だったみたいです。

仏の道に仕えながら「慈悲」の心がまったくないとあきれてました
「猫なんて死んでもいい」みたいに言われ、おじさんは怒り、「この子たちはもともと好きでここにいるわけじゃないんだ。皆捨てられたんだ」と反発したらしいです。
幸い、今、お二人の方が餌をやり具合が悪ければ薬をやりと世話をしているらしいです。

長々すみません

きょうこさん

初めまして。見て下さりありがとうございます。

私も駆け寄って来たときにお腹が膨らんでいる気がしたので触ってみました。確かにまだかなり膨らんでいます。赤ちゃんがいるのかしら?と思いました。

まあ、住職がそんな方なのですか。お寺の隣のおうちの方も猫好きの方でたくさん猫を庭で飼っているのですが、近所の人にひどいことを言われると嘆いていらっしゃいました。

決まって世話をしてくださる方がいてほっとしました。

以前は白鷺記念公園の猫たちと深く付き合って、そこにいた2匹を我が家に連れて来ました。最初の日からあ~、ここが私たちの家なのねっていう感じで一度も外に出たがりませんでした。

最近はめっきり見沼に行く機会が減り、桜の時さえ行かずじまいでした。また少し通う機会を増やしたいものと反省しています。

ありがとうございました。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。