氷室神社の黄葉(11/25)

日記
11 /30 2016
サイズ変更IMG_2571-2

雪の日の翌日、氷室神社に行ってみました。案の定、小さな境内一面に黄葉が敷き詰められ、社の屋根と前にはまだ雪が少し残っていました。

氷室神社の由緒書によると、ずいぶん古くからの神社だそうです。
あまり訪れる人もなく、”秘密の神社”という風情が気に入っています。


■境内掲示による氷室神社の由緒
”氷室神社ご由緒
氷室神社の創建は古く、村民の口伝えによれば、遠く建武の時代以前(およそ七百年前)にさかのぼります。天正十九年(西暦一五九一年)徳川家康公によって朱印地大明神領(※「明」は冏に月)として米五石を寄進されたとあります。
御祭神は大鷦鷯尊(オオササギノミコト)で、第十六代仁徳天皇(にんとくてんのう)であります。天皇は応神天皇の皇子で、日本書紀によれば幼くして聡明叡知、天皇になられてからは仁寛慈恵のお方であります。
仁徳天皇の御製に高どのに 上りてみれば 天の下 四方に 烟りて 国ぞ富みぬる
とありますように、天皇は日々、浪速の高津の宮の高台にのぼり、家々から朝餉や夕餉の煙の立たないのを見て、民の貧窮を察し租税や賦役を免除するなど仁政をおしきになられたお方であります。
明治期の記録(神社明細張)によれば、境内の面積は千七百四十坪、社殿は本殿と拝殿そして神楽殿もあり、境内には、御嶽社、天神社、稲荷社、三峯神社、従殿宮社が祀られておりました。末社として十度明神社があります。



.
サイズ変更IMG_2602-2

↑社に近寄ってみました。

サイズ変更IMG_2583-2

サイズ変更IMG_2630-2

サイズ変更IMG_2686-3

コメント

非公開コメント

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。