若々しく生きるには、筋肉が大切

日記
02 /16 2017
ワラブー


私が5年ほど前から参加している体操教室の先生は、常日頃筋肉が大切とおっしゃいます。

昨日の教室の時に「どんな時にあの人は歳寄りだと思いますか?あるいはどんな時に自分が歳よりだなぁと思いますか」と質問され、いろいろな発言がありました。

     *歩き方
     *靴を履くときによろける
     *重いものを持てない
     *姿勢が前かがみ
     *瓶のふたが開けられない(私) ・・・・通りがかった若い男の人に開けてもらった。。。w
     *横断歩道を青で渡り切れない 
     *歩幅が狭くなった
     *少しの段差に引っかかる。(私も)
     *下りの階段が怖い
     *てすりがないと不安

         年齢を重ねても、食事と運動が大切


     毎日の食事が結構タイヘン。ottoがいる時には何とかして作りますが、一人だと、いい加減になります。

↑は蕨市のキャラクターの一つ、”ワラブー”です。

コメント

非公開コメント

No title

私が注意しているのは、歩き方です。
歩幅が狭くなり、膝が伸びなくなります。
したがって猫背で、靴底全体をパタパタと動かしながら歩いている
年配の方のようにならないように気を付けています。
いつも若い人の歩き方を見ています。
膝がすっと伸びて、歩幅が広いです。

毎日1万歩以上歩いています。
通勤時は、できるだけ速足で歩きます。
若い人に離されないように。

弱くなったと思うのは、膝の力です。
しゃがみこんで立ち上がるときに、よく感じます。
すっと立ち上がれません。
物につかまるか、反動をつけてよいしょと立ち上がるか、
その場次第です。
これも仕事の中で、訓練と思ってやってます。

No title

Kiyoさん

10,000歩とは頑張っていますね。あたしは平均6,000~8,000歩で、10,000歩を越えるのはたまにしかありません。

膝のためにはできるだけ階段を手すりを使わずに上がり降りすることと、体操教室で教わったスクワットです。
駅でもできるだけ階段を手すりなしで上がり降りしますが、混んでいるときには突き飛ばされるのが怖いので、いつでも手すりをつかめるようにしています。

やはり、自分で頑張って行かないとね。w

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。