タマネギを干すわけは?

日記
07 /08 2008
IMG_8685.jpg

先日行った農業公園の農家の軒下に収穫したタマネギがたくさん干されていたのですが、どうして干すのでしょう?マーケットで売られているものも干したものなのでしょうか?

コメント

非公開コメント

乾燥

タマネギは乾燥させると、「日もち」するようになるのだ。だからだと覆うのだ。

ぶはははは。

へぇ、日持ちするのですか。ほかの根菜類も干したりするのかしら。

お邪魔します。 きれいに吊るさってますね。 吊るした人のタマネギへの愛を感じます。
吊るしタマネギ、畑のあるところではよく見られる光景です。

6月に収穫したタマネギが、吊るしておけば12月までは食べられます。腐りにくいしまあ便利。
風通しが悪いと、とカビたり腐ったりする率が高くなります。
箱などに入れておくと腐ったヤツの汁が他のタマネギを襲撃したりまあ大変。
軒下は、その意味で完璧な場所です。

ジャガイモ、サツマイモは掘った後一日天日に当てたりして表面を乾かします。 その後箱などに収納。
ニンジン、大根、ゴボウなどは乾燥はさせません。 抜いた後、乾燥しないように畑に埋めたりします。
あ、切り干し大根等は別ですが。
野菜の保存の仕方は、結構昔の人の知恵が詰まっていて楽しいです。

あ~、そうなんですか。干してから貯蔵するものって結構あるんですね。この歳まで知りませんでした。w

ありがとうございました♪

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。