僕らの未来地図

Canon Photo Circle Web
01 /16 2009
サイズ変更IMG_1428-A4

久しぶりに採用されました。息子からもらったばかりのEOS 40D を持ってるんるん出かけたのでした。

絞り F5.6
ISO感度 1250
レンズ EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM
シャッター 1/125秒

応募ジャンルは”スナップ”
題名「ぼくらの未来地図」


応募コメント(私のコメント)
「けやき坂の地図の前でたたずむ二人。バックの様々な光が二人の混沌とした未来を暗示しているような雰囲気でした。 」

■ 清水哲朗先生 からのコメント

「月を背景に浮かぶカップルと言う壮大な印象を受ける作品ですね。撮影のポジションの決め方が絶妙です。納得いくまで撮りこんでも面白そうです。 」
清水先生の「納得いくまで撮りこんでも面白そうです。 」の意味が良く分からないのですがファイルを探してみたら↓の写真がありました。
サイズ変更IMG_1427

カップルはすぐに移動してしまったので、2枚しかありませんでした。応募したほうの写真が自分的には好きです。

却下されたのはこちら↓これ、好きなんですけどね。却下理由は教えてくれない決まりなんです。却下理由を教えてくださったらとても勉強になるのですが、そこまで面倒見切れないのでしょう。

サイズ変更IMG_1373-A4




コメント

非公開コメント

いい雰囲気ですね。

はっとするショットですね。
なかなかこういうシーンは見つかりませんよ。
すぐ横を通り過ぎそうです。
こういうのを見つけるのはことしゃんの目ですね。
「撮りこむ」という時は、同じ所に何度も通って、いろいろな条件でなんども撮って見る、という意味もありますから、いろいろ状況を変えて撮って見たら面白いでしょうね、ということだと思います。
例えば、前に立つ若い二人、年配の二人、若いグループ、意味ありげな中年カップル、とか前に立つ人の変化。
朝、昼、晩と時間による変化。春夏秋冬という季節による変化など。
地図と人々という組み合わせだけでも、相当想像力が刺激されますよね。
ことしゃんの写真の場合は地図が月みたいに見えて、それがまた雰囲気を盛り上げましたね。
それにしても、シャッター速度とか、ISOとかもう撮影技術は十分ですね。その上にことしゃん独自のセンスがありますから、これからが楽しみです。

うわっ、Kiyo師匠にもほめられちゃったわ。るんるん♪

頑張りま~す。^^v

今年もよろしく

お久しぶりです。
素敵な写真をたくさん撮ってるんですね。被写体が変わってきたのかな。猫犬たちもいい感じです。

上の写真、私は二番目の、応募しなかった方のに惹かれました。
女の人のシルエットがきれいで動きがある感じで。

おーやまさん
お久しぶり。フランス語の勉強メモを書く時間が無くなって申し訳ないです。
写真の感想をありがとう!そうねぇ、どっちがいいのかしら、よく分かりませんね。(笑)

今年は大変なんですよ。4月にリール&アラスから38人ほどお客さんが来ますし、8月末には学生たちが数名来ます。11月にはアメリカのエルドラドから20~30名来ますし。。。どうしましょ?!って感じです。

フランス語を磨くチャーンス

いいじゃないですか、ますますフランス語が上手になりますよ~

私もこの秋からフランス語のクラスに行き始めました。

週2、2時間ですが、それだけでもちがうものです。

かいとが病気していた秋口は、休んでばっかりでしたけど。

お客さんはフランスだけでなく世界各地からいらっしゃるんですね。私の実家のある豊田市なんかも、そんなのやってるのかしら。

豊田市は外国人労働者がたくさんいるので、豊田にいる外国人との交流会が盛んのようですよ。

http://www.tia.toyota.aichi.jp/

私の所属している姉妹都市協力会はアメリカと35年フランスとは11年ほどの交流の歴史があります。
そして去年から蕨市にいる外国人との交流を市が考え始めて、今年の2月15日に小さなお祭りのような交流会を持つようです。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。