FC2ブログ

菜の花畑の笑顔と銃弾

日記
02 /23 2009
nanohana129761_c185.jpg


NHK スペシャル、「菜の花畑の笑顔と銃弾」を見ました。

去年志半ばで銃弾に倒れた伊藤和也さんのレポート。どんなに苦労し、また村人と力を合わせて農作業や井戸掘りに頑張っていたのか、どんなに村人たちの信頼を得ていたのか、この番組を見ることができ良かったです。彼自身が撮った沢山の写真が印象的な番組でした。

こういう優れたドキュメンタリーを見られないのは辛いので、地デジ対策もしっかと考えねばねぇ・・・と思った次第です。。。。


沼津市にある静岡県東部地域交流プラザパレットでは伊藤さんの写真展が開かれているそうな。お近くの方は是非ご覧下さい。
2009年2/17~2009年3/1まで。
090223_a.jpg     090223_b.jpg     090223_c.jpg



昨年8月、アフガニスタンで殺害された伊藤和也さん(31歳)。今、ここに彼が撮影した写真3千枚が遺されている。5年に渡り撮影された写真には現地の人々と共に格闘した用水路建設、農作業の苦闘、地元の食事に招かれ共に談笑する姿、そして緑が戻った大地で一面の菜の花を駆けめぐる子供達の笑顔が印象的に写されている。写真に写されたアフガニスタンの人々は今、彼らのために働いた伊藤さんが、なぜ銃弾による非業の死を遂げねばならなかったのか、問い返す日々を送っている。「彼が遺してくれたものとは何なのか」。番組では、遺された写真やメール、手紙などをもとに、写真に写されているアフガニスタンの人々を訪ね、ひとりの青年の軌跡を克明にトレースした映像をもとに、戦乱の地の過酷な現実、救援活動の試行錯誤、国際援助のあり方を浮き彫りにする。なお、現地には外国のメディアは入ることを許されず、今回の撮影映像は、最新の状況を伝えるスクープ性の高いものである。 NHK スペシャル

コメント

非公開コメント

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。