見沼のトンボたち

虫など
07 /26 2009
サイズ変更IMG_6535

今日はぜ~んぶトンボの写真ばかりです。(苦笑)

赤とんぼというとアキアカネが有名ですがたぶんこれはナツアカネ。真っ赤で体長3センチほど。ちょっとズングリに見えます。体だけでなく、目も真っ赤。世の中が赤く見えるのかなぁとつい思ってしまいます。池の端の石の上で見つけました。こちらを向いてくれるといいのですが、池が気になるらしくどうしてもこちらを向いてくれません。何回も飛び立ち、またこの石の上に戻ってくること数回。

サイズ変更IMG_6598

これは別の池の草にいました。上のも下のもピンと尻尾を上に上げています。



サイズ変更IMG_6603
じっとこちらを見ているのですが逃げません。きれいな水色めがねです。シオカラでしょうか?図鑑を見ても良く分かりません。ナツアカネよりだいぶ大柄です。5センチはあるでしょう。

サイズ変更IMG_6604

↑体の向きを変えてくれました。いいモデルさんです。

サイズ変更IMG_6605

↑ピント尻尾を上げ始め、このあとずーっとこの姿勢でした。尻尾の先っぽが丸くなっています。これはなんなのでしょう?

サイズ変更IMG_6647

先っちょにご注目。

サイズ変更IMG_6615-2
2匹の大きさの比較ができるように撮ったのですが、両方にピントを合わせるのが難しいです。でも、なんとなく分かっていただけるかな?

サイズ変更IMG_6634-2    サイズ変更IMG_6634-3     サイズ変更IMG_6635-2



そんなこんなしていたらやけに寸詰まりのオハグロが飛んできました。すっきりしたオハグロの方が優雅で素敵ですが、これもなかなか愛嬌があります。

やはり、今度は三脚を使わなければと思いました。トンボは何回も同じ場所に戻ってくるので蝶に比べると止まっているのは撮りやすいと感じました。

今日は風が爽やかで思い切り暑いのですが気持ちの良い夏らしい一日でしたが北九州の方は相変わらず雨なのでしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

トンボの名前

トンボもたのしいでしょう?
上の赤いのはおそらく「ショウジョウトンボ」
猩々緋のしょうじょう。
したのは「うちわトンボ」ではないかとおもいます。
ショウジョウトンボは後ろの羽根の付け根が赤いので、区別できます。写真でも少し見えますが、どうでしょう。
ウチワトンボは75mm位までなる大型です。オニヤンマとかギンヤンマと間違うくらい大きくなります。

それとことしゃんにぜひ見て欲しいのは、チョウトンボです。
名前の通り、チョウチョのようにひらひらひらひらと飛びます。スーイスイ、と言う感じは全くしません。
黒い姿ですが、光の当たり具合で玉虫色みたいに見える部分があります。

私のブログのここに載っていますので、見てみてください。ショウジョウトンボもここ。
http://ch01891.kitaguni.tv/e401478.html

ウチワトンボはここ。
http://ch01891.kitaguni.tv/e393865.html

おそらく間違いないと思いますよ。

Kiyoさん、ショウジョウトンボは2センチくらいと日本で一番小さなトンボだと書いてあったので、3~4センチあったのでナツアカネかなぁと思ったのでした。

なるほど、ウチワでしょうねぇ。かなり大きかったです。

日本一

小さいトンボは「ハッチョウトンボ」です。同じような色ですが、ショウジョウトンボとは違います。ショウジョウトンボは見たら赤とんぼと間違いますが、赤とんぼより、真っ赤です。
ハッチョウトンボは体長18-20mmくらいだそうですから、とても小さいです。

あらま、そうでしたか。間違って覚えてました。アキアカネは色が違うので良く分かります。うすいオレンジ色ですものね。

トンボは蝶と違って同じ場所に戻ってくるので狙いやすいかもしれないですね。なかなか美しくとれないのですが。今度はもっと明るく撮りたいと思いました。またうっかり直すのを忘れて露出補正を間違えていたのでした。^^;

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。