増穂町のとんぼたち

虫など
08 /10 2009
サイズ変更IMG_7460-2

6日にLaylaさんと行った増穂町はカエルもたくさんいましたが、とんぼの宝庫でもありました。ファイルを見直してみるとかなりのトンボを撮って来ていたのでまとめて載せてみます。

↑のとんぼはふるさと自然塾の草むらに飛んできたもので、Mr.自然塾が”ほらほら、○○とんぼ”と注意を促してくれたとんぼで、見沼では見たことがありませんでした。印象の薄いはかなげなとんぼで名前をメモしてこなかったのが残念。




にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
サイズ変更IMG_7368-2     サイズ変更IMG_7546-2

↑増穂のたんぼにたくさんいたのはこれ。ミヤマアカネ?でしょうか。生息数はダントツの一位です。

サイズ変更IMG_7358-2     サイズ変更IMG_7496-2

田んぼや草むらにいたショウジョウトンボ(?)

サイズ変更IMG_7405-2
アオイトトンボ。細くてピントが合いません。お尻の先と目の水色が目を引きます。

サイズ変更IMG_7440

↑とても力強い、強そうなトンボです。

サイズ変更IMG_7454     サイズ変更IMG_7456-2
↑やご。両方とも抜け殻です。左の方は背中にはっきりと三角の穴が見えます。

サイズ変更IMG_7549-2

↑見沼あたりでは沢山見るとんぼです。シオカラ(?)

サイズ変更IMG_7553

↑これもたくさんいました。ちょっと寸づまりのとんぼ。



今年の夏ほどトンボをたくさん撮ったことはありませんでした。増穂にはめったに行かれないでしょうが、見沼でもう少し美しくトンボを撮る修行を積みたいと思います。

これら全て55-250mmの望遠でほとんどが一番望遠側の250mmで撮っています。遠くても撮れるのはいいのですが、イマイチボケの美しさが足りないです。ああ~あ、100mm マクロが欲しいなぁ。
海野和男さんは環境も取り込むには広角や魚眼がいいとおっしゃっていますが、先ずは100mmマクロですね。どのレンズも高くて。。。(涙)









コメント

非公開コメント

トンボの名前

写真だけで見分けるのは難しい部分もありますが、大体そうだろうと言う名前を書いてみます。

1段目左、羽の先端が茶色:ノシメトンボ
   右、少し隙間があって茶色の帯: これがミヤマトンボ、
2段目左、ナツアカネかも、
   右、アキアカネ、顔まで赤くなる。
4段目、強そうに見えるのはシオカラトンボのメス。
6段目(下から2段目)、これがシオカラのオス。
最後、コフキトンボ。

2段目の区別が難しい、違うかも。

ハグロトンボに似ていて羽根の色が薄茶色で、先端に濃い茶色の帯の有るのもミヤマカワトンボといいますから、帯が付いたらミヤマと覚えたら良いと思います。

ありがとうございました。
トンボはムズカシイですねぇ。オスとメスでずいぶん違うし。
強そうなのはヤンマかと思いました。
昆虫図鑑見ても分からないんですよ、ありがとうございました。

また見沼でも撮ってきますね。その節はまたよろしくお願いします。

レンズ

それとレンズの件ですが、これらのトンボを250mmで撮っているとしたら、100mmマクロで撮るとしたら、同じ距離なら、相当小さくなりますよ。
もし近くで撮れるならいいですが。
それとマクロは近くで撮ると極端に被写界深度が浅いので、トンボのような縦横に大きいものは目だけピントが合っていたり、羽根も一部しか見えなかったりします。
ですから本当はトンボは300mmF2.8くらいが良いと思うのですが、とにかく高い。50万円はしますから論外。

最近私はマクロでもしっかり絞って撮るようにしています。とくにセミとか虫とか全体を見せたい時はF16とかF22位とかを使います。それでも至近距離で撮ると被写体はしっかり写り、少し遠い背景はボケますけど。

大きさがどのくらいに写るかは、今使っている55-250を100で固定して使ってみれば、大きさが実感できると思います。ただし、マクロの場合はレンズの先端から10センチくらいまで寄れますから、逃げない虫などには便利ですけど。

>逃げない虫などには便利ですけど。
そうですか、逃げない虫は今までも50mmマクロで撮っていましたものね。
もう少し今のレンズで研究してみます。
ただ海野和男さんの本の大半はニコン105mmマクロなので・・・・。

一番上のトンボは何トンボだったのでしょう。
私は気づいていませんでした。
自然塾のサイトにメールで写真を添付して、
問い合わせができたりするといいのですけれど。

トンボもたくさんの種類がいたんですね。
右のヤゴは大きかったですね。
左のヤゴは私が撮ったものとはちがいますね。
ヤゴの形もいろいろで面白いですね。

Kiyoさんのレンズのお話、私は60mmですが、たしかにカエルや昆虫など
逃げるものにはムリ、と感じています。
100mmは60mmと比べて最短撮影距離が約10cmの違いしかないですし。
しかも、ピントを合わせるのが非常に困難。
海野さんはどのように虫に近づいているのでしょうね。

Kiyoさんの絞りのお話は参考にしたいです。
やっぱりそうなんだなー、と確認できました。
ただ、シャッタースピードに気をつけなければいけないということですよね。

れいちゃん

そうね、質問メールができるといいのですけど。

カマキリやバッタや蝶も50mmマクロでずいぶん撮りましたけど、かなり接近して撮りました。レンズの先から10~15センチくらいしか離れていなかったと思います。最近望遠ばかり使っているので感覚を忘れてしまいました。また50mmも使ってみようっと。

実はほんの15分前にヤフオクで100mmマクロ落札しちゃったのです。もし、不具合なんかが出たらどうしよう??こわいよう。。。。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。