明治神宮

日記
07 /01 2010
サイズ変更IMG_3903-3


アップの順番が逆になりましたが、新宿御苑に行く前に明治神宮に行きました。

藤原幸一さんの写真展覧会、「地球の声が聞こえる」を見るためです。本当に声が聞こえました。ゴミの山にすんでいるペンギン、巣作りのためにアスベストの繊維をくわえている鳥。。。

写真が人に訴えることができる一つの有効な手段だと良く分かる写真展でした。これは単なる動物写真展ではなく、報道写真の分野なのだと思いました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村


サイズ変更IMG_3947  サイズ変更IMG_3981


↑菖蒲園はこのようなありさま。。。

サイズ変更IMG_3911     サイズ変更IMG_3915

↑日本酒の奉納はどこの神社にもありますが、フランスからの葡萄酒は珍らしいのでは?


サイズ変更IMG_4055-2

↑後姿だけアップしますが、花嫁さんの笑顔もばっちり撮らせて頂きました。


サイズ変更IMG_4040

↑観光客のほとんどは外国人ですが、その70%は中国からの方々。おそるべし中国です。

ここの森は本当に素晴らしいのですが、木や植え込みの近くに寄ることができず、撮影にはあまり面白い場所ではありませんでした。それで、このあと新宿御苑に行ったのでした。


ところで、ケータイの文字変換でヘンな時があるのですが、このブログでもびっくりな時があります。mezurashiiといれると”馬頭らしい”とでてきます。こんな言葉は馬頭観音しか聞いた事がありません。medurashiiと入れると”目面しい”とでて来ます。ほんとにめずらしい変換機能です。

コメント

非公開コメント

Re: 明治神宮

ぶどう酒の奉納ははじめて見ました。
神社での花嫁さんたちを撮った写真もコンテストで良く見ますね。
いい題材だと思います。
ところで一番上の写真、鳥居が傾いているので気持ち悪いです。
こういうのはきちんと水平が必要です。ソフトを使ってでも修正が必要だと思います。
ところで携帯の入力。私のはひらがな入力でした。
ということは、ことしゃんのはキーボードみたいになっているやつということですか?

Re: 明治神宮

>こういうのはきちんと水平が必要です。

建物はきちんとしなくてはいけませんね。あとでなおしておきます。

変換がこのところおかしいのです。このブログでもやさしいと入れると矢指いと出て来て他の漢字はありません。ゆうと入れて優の字を出してからしいと送り仮名を入れなくてはなりません。

kuronekokotoshan

花と虫とかえるが好きなくたびれた黒猫です。